と と と No.9 「雨にうたえば」

07 /03 2018

どなたが描かれたんでしょうね

ととと№9。
塔の女性三人が時々出されてるネットプリントです。
プリントできる最終日の晩御飯の時に思い出し、食事のあと近所のセブンイレブンに行きました。前号は出しそびれてしまっていたので、今回獲得感あり。

「雨にうたえば」っていいなー。唄えばからもってきたのでしょうけど、歌えば、でも、詠えば、でも、どちらでもいい感じ。どの連作のなかにも「雨」が降っています。

プリントは2枚で1枚目は十首づつの連作。それぞれの連作の題名がとてもいいです。2枚目には、物語、散歩道紹介、好きな歌紹介、とそれぞれが好きなことを書かかれています。


ネットプリント、不思議な仕組み。


「こゑのゆくへ」
短夜のねむりのなかにさすたけの君が聞かせてくれるおはなし
やがてこゑは雨音となりほほゑみはみづうみとなり覚めてかなしむ /白石瑞紀


どーんと古典の世界へ引っ張っていくような連作。枕詞や使われている語が遠いところを思わせます。一首目は冒頭に置かれた歌。幻想的な雰囲気のまま二首目以降に続き、夢と現実の間にいるような感じです。詠われているのは別れ。とてもよかった。作者の作品には枕詞がほんとによく登場します。昔から親しんでいたのだろうなあ、と読むたびに思います。豊か。


「石の兎」
あきらかに濡れた路面を走る音聞いているなりくちなしの部屋に
石の兎のお腹の中にある卵それに触ればいいらしい 触る /藤田千鶴


連作に兎の石像が出てくる。二首目はそのお腹に触っている場面。一字あけの「触る」に作者の迷いない気持ちが詠まれています。連作には、くちなし、蕾のあおし、赤蜻蛉、などがあり色が美しいです。


「火を抱く」
かなしみを洗いながして戻りくるあなたの髪に触れたがる指
いくつかの雨声(うせい)しずかに聞きわけているうち部屋にあつまる雨声 
/永田愛


かなしみって洗いながせるのだろうか。洗いながそうとするには決心がいるだろう。そして、そうして戻ってきた人を慈しむかのような気持ちが「触れたがる指」としてそこにあるのだと思います。


たまにぽん!と発行される「ととと」。見逃さないように気をつけていきます!

歌会の続きすこしだけ

ブログ
06 /28 2018
いつも参加している歌会ではない歌会、九大短歌会に参加して、歌についてあらためて考えました。

出されている歌にもよると思いますが、この日の歌会ではどの歌に対しても否定的な評が出なかったことが印象に残りました。読みについての発言はとても活発で違う読みがハキハキと交わされます。

帰宅したあと、私は自分に足りないもの、歌会の意味、批評の意味、歌会に必要なもの、作者の想いのこと、理想的な歌をイメージしておしつけてないか、とか、その他にもいろいろ考えることになり、今も考え中です。

会員の方たちは、評が楽しくてしょうがないという感じに見えました。

ふたまわり以上歳下の方々と歌会が出来てとても楽しかったです。自分も若くなったような嬉しい錯覚のおまけつき。錯覚が覚めた時は落胆しますけれど。

ありがとうございました!

九大歌会に行きました

ブログ
06 /26 2018


前記事と日にちが前後しますが、土曜日に九大短歌会の歌会に参加してきました。誘ってくださった女性の方がいて、嬉しいけどでも私は学生でもないし九大出身でもないけどいいのですか?と聞いたら代表の方に聞いてくれて「いいですよ」とお返事を頂きました。そんな経緯で参加させていただきました。

この日の参加者8名のうち…
男性1名、女性7名
学生6名、社会人2名
現役九大生3名、他大学生3名。
その場にいる人7名、遠方からスカイプ1名。

スカイプというのはパソコンを通じてこちらとやり取りをするテレビ電話のようなものです。若い人達は当りまえのように使っていますが私は今回初めてでした。

この場にいない離れている人と歌会ができるなんて。高安さんも見たらさぞかし驚かれることだろう。そんなに時が経ったわけでもないのに。歌会という昔からのものがスカイプなどの新しいものでされていることを不思議に思った。入院したり外に出にくい人も参加できるなとか、‘グッドモーニング ミスターフェルプス‘とか聞こえそうだなとか、いろいろ思っていたら歌会が始まりました。

時間がなくなったから続きはあとで。所属している歌会のことではないので詳しくはブログに書きません。楽しかった雰囲気だけをお伝えします。

企画展示に行きました

ブログ
06 /24 2018
福岡大空襲(6月19日)の時期に合わせて開催されている企画展示を市博物館に見に行きました。戦時期の政府の政策を反映した雑誌やポスター、駅弁のラベルなどが展示されています。



戦時下の情報発信を統一するために設置された内閣情報部(昭和12年)が出した『週報』『写真週報』。写真は『週報』のなかの歯磨き粉の宣伝。「長期建設にそなへて、今こそ健康総動員の時!」と書かれている。



貯蓄せよ、というポスターが何枚もあり、色やデザインは意外とハイカラなものが多い。書かれてある文句は威圧的な感じだった。



家庭から軍需品に金属を提供するのは昭和16年から開始、と書かれてあった。福岡市でも西公園の銅像や、大仏が提供されたということ。



駅弁のラベル。御茶附上等御弁当(博多駅)。「お互ひに御飯を粗末にせぬやうに致しませう」。


御茶附上等御弁当(門司駅)。「軍事を語るな」。


歯磨きの宣伝や駅弁といったものにまでスローガンが書いてあり、他の事や他の道を考えさせない仕方の怖さを思った。ここまで皆が同じ色同じ考え方のなか、自分だけは大丈夫、ということがいえるのか。そういうことをしっかり考えたいと思いました。

福岡市博物館8月26日まで。大人200円。

ukaji akiko

塔短歌会。ふだんは赤煉瓦歌会に参加しています。スガシカオ好き。気軽に好きなことを書いてゆこうと思います。

プロフィール欄がなぜか二つになっていて直りません。

Happy go Lucky!