答えはふいにやってきた

ブログ
09 /03 2017

「そんなことも知らなかったのか」「そう」

ブログのタイトルは大げさだけど、大体の人にとっては、そんなこと知ってたよ。って感じのことです。

昨日のブログで子規の名前が出たので今日はその繋がり。


子規が短歌の改革をしたとは聞いていたけど、政治みたいな組織もないのにどうやって改革は広まったんだろうと思ってました。

俳句や歌はそう派手なジャンルではないし、「歌よみに与ふる書」を弟子のような人達が手にとったとしても、改革というほど広まるもの?と思って。どうやって皆に知れ渡ったんだろうと。

そんななか、少しまえに『子規から相良宏まで』を読みました。

そしたらページを開いて間もなく、<子規が短歌の改革に乗り出したのは「日本」という新聞に「歌よみに与ふる書」という評論を書いたことから・・・>というふうなことが書いてありました。

私は「歌よみに与ふる書」は最初から書物だと思ってました。

新聞の連載だったんですね。そうしたら、歌詠みだけでなく新聞読みにも読まれただろうし、俳人にも本好きの人にも読まれただろうし広まりやすかったんだと思う。

素朴な疑問いちおう解決!


素朴な疑問、8ページ目にして解決。

講演集なのですらすらと読めます。「高安国世から見た近藤芳美」の章をまずは読みたくて購入したのですが、どの章も知らないことがたくさん書いてあってとても良かったです。評伝などの類は書かれてる内容が大事とは思うけど、書いた人の素の部分のようなものがたまに出たりして、そんなところも面白いです。

『子規から相良宏まで』大辻隆弘講演集 /2017年/青磁社

コメント

非公開コメント

ukaji akiko

塔短歌会。ふだんは赤煉瓦歌会に参加しています。スガシカオ好き。気軽に好きなことを書いてゆこうと思います。

プロフィール欄がなぜか二つになっていて直りません。

Happy go Lucky!