FC2ブログ

『2566日目』東日本大震災から七年を詠む

09 /24 2018
塔の会員十六名による『2566日目』。それぞれ連作十首とエッセイ、震災後初めて詠んだ一首、が載っています。震災から七年、周辺(人や事柄)の変化、そして特に作者の心情の細やかな揺れや変化が伝わってくる歌があります。


ここからは真っ暗な街が見えていた昔語りのようなささやき /井上雅史
足元を見つめ続けている吾も透き通っては足を滑らす /井上雅史

帰るたびふるさとの道の変わりいて祖父に叱られハンドルを切る /逢坂みずき

帰還といふことば上手に扱へずましてその先のことはわからず /小林真代

三陸の海おだやかで耳鳴りのような記憶をまた持て余す /佐藤涼子

人影が沖を見て居り何思ふ七年過ぎて波寄する浜辺 /鈴木修治

さくらばなインスタグラムにあげておりはかなくとおくなりし東北 /田中濯

穏やかな春の陽差しのそのなかにダリアの丸き根を植ゑてゆく /梶原さい子
梶原さんの連作「球根」は、球根を植えるというやさしく明るい歌を一首目に、なかほどは震災時の歌が並びます。土を掘る埋めるという言葉が震災の時は悲しいものであり、今は球根を植えて希望を持つもの持ちたいものとして詠まれています。

歌、エッセイを読んで、七年という時間の経過にランドセルを背負うお子さんがいたり社会人になった方がいたりと、それぞれの作者のかたにそれぞれの時間が流れていることをあらためて思いました。


コメント

非公開コメント

ご高覧ありがとうございます。年々ネットで感想を見かけることが少なくなっている気がするので、取り上げていただいて嬉しいです。

Re: タイトルなし

佐藤涼子さま

コメントありがとうございます。

震災は被災された一人一人のかたにとって、それぞれ全く違う形であらわれるのだろうと歌や文章を読んでいて思います。とても貴重な歌集だと思うのでいろんな人が手に取ってくれるといいですね。

ukaji akiko

塔短歌会。ふだんは赤煉瓦歌会に参加しています。スガシカオ好き。気軽に好きなことを書いてゆこうと思います。

プロフィール欄がなぜか二つになっていて直りません。

Happy go Lucky!