FC2ブログ

塔4月号 若葉集☆彡

05 /29 2018
今日は5月29日。会費をまだの人は郵便局へいそぎましょう。

少し前、郵便局で値上がりした後初めて官製葉書を買いました。窓口でそのことを何の気なしに言ったところ「ええーー!?ほんとですか!?」と嬉しそうに(信じられない!)という感じで言われて、帰り道、あんなに驚くとは・・・と思ったけれど、考えてみれば局員の方は毎日毎日官製葉書を見ているわけだ。それが日常なんだ。


雪になるその瞬間に気がつかず見ていた車窓に映るわたしを /椛沢知世
雪の降る瞬間に気がつかなかった少しの残念さ。外の世界と自分の世界の境界がふっと途切れた美しさと、なにか想いを抱えているような作者像が浮かぶ。

子はとうに知らぬ男となりにけり土くろぐろ雨あがる朝 /きよとも
「知らぬ男となりにけり」。かなりきっぱりとした思い。それが下句の「雨あがる朝」になっていった。

アルミ製洗濯ばさみ無駄がなく用がなくても飽きることなく /小西白今日
「用がなくても飽きることなく」。眺めるだけでもアイテムとして作者好み。なく、なく、なく、と続いているところも面白い歌。かわいい洗濯ばさみなんだろう、スチールのは持ってるけどアルミは見たことない。

午後五時の空しか知らないマフラーに顔をうずめてバイトへと行く /佐原八重
五時からがバイトの時間。夜を運んでくる寒い時間の出勤。マフラーが同志のように思えるのかも。

雪解けてのどかな光窓に差し今日も一日頑張ろうかな /卓紀
とても穏やかな歌。雪や光からさらさらとつながるような下句の自然な言葉。

琴の音がむなしくひびく寒い日を人は正月とよんでいるらしく /田中しのぶ
「人は正月とよんでいるらしく」、とはかなり世間を突き放した詠いかた。行事や祭事は大事。だけど、ひとりひとり、ということを考えさせる。

君に似た人を見かけてその人に似た君のこと思い出してる /真栄城玄太
思い出すのは君のことなんだけど、不思議な絵みたいな歌。

いつまでも大きくならぬ枇杷の木があるふるさとのゆるき坂道 /森尾みづな
大きくならない枇杷の木か・・。ふるさとに帰った時の安心感を与えてくれるものかもしれないな。自分のなかの変わらなさ、もあるのかもしれない。

予報では降るはずのない雨がふりゆっくり街をしめらせてゆく /吉原真
なんだか、もとの雨がふらない予報だった街とは違った街になってしまったような印象をうけた。起こることとか出会う人とか世界が違うものになってしまったような。

この家に生(あ)れたる人は誰も無くこれまで二人今後五人逝く /別府紘
「今後五人逝く」。すごい詠み方だ。親、兄弟姉妹とともに暮らしていて、本当に「今後五人逝く」で途絶えるということだろう。

コメント

非公開コメント

ukaji akiko

塔短歌会。ふだんは赤煉瓦歌会に参加しています。スガシカオ好き。気軽に好きなことを書いてゆこうと思います。

プロフィール欄がなぜか二つになっていて直りません。

Happy go Lucky!