ヒトリシュガーにいってきた(続き)

スガシカオ
02 /17 2018
昨日のブログ、本当はヒトリシュガーの中身についても書きたかったけど書こうとすると胸がいっぱいで上手く書けず、電車のアナウンスのみになりました。

思うのは、人それぞれに好きなものあって、そのことについて考えたり出来るということはほんとに幸せなことだ、ということ。

スガシカオさんの歌があってわたしはしあわせだけど、人それぞれ、なにが好きで何を嬉しく思うかは違う。だからいいんでしょうね。

ライブでシカオさんが歌うのを聴きながら、しあわせというのはほんとに個人的なものだと思った。いい意味で。



昨日は家の用事で山口へ行きました。一人だったので、まだ読み終わっていない塔1月号を持参。近くに佐波川という川があり、そこを渡る前に、丁度佐波川を詠った歌を目にしました。

もうひとつ、スガシカオさんの「黄金の月」、これを聴くと夏目漱石の「門」がわたしは浮かんでくるのですが、そんなこと新幹線で思っていたら漱石を歌に詠んでいるものがページに現れました。こういうこともちいさな偶然でうれしい。

塔の歌を読んでいると、いい歌とか好きな歌とかを選ぶ以外に個人的に楽しんだりすることも多いので詠草のみなさん、ありがとう。

今月号がもう届く頃。1月号の歌、大幅遅れですけど読んでいきます☆彡


(黄金の月、アコギバージョンはややスローテンポに弾かれることが多い。今回はアルバムに入ってるオリジナルとほとんど同じテンポでした。オリジナルのテンポほうが好きなので、より嬉しかった。)


(フィギュアスケート、羽生君、宇野昌磨君、フェルナンデス、おめでとう!)

ヒトリシュガーにいってきた

スガシカオ
02 /16 2018


ヒトリシュガーに行ってきた。もう、一昨日のことになる。友人と次男の3人で行きました。

今回はヒトリシュガーが14日、塔短歌会賞の締め切りが15日ということで、自分のなかでは年末あたりから線路の二本のレールがずーーと見えている感じだった。

或いはこんなふう。

「本日はご乗車まことにありがとうございます。次の停車駅はスガシカオ、ヒトリシュガー駅です~。降り口は右側です~。スガシカオ駅を出ますと次は塔短歌会賞駅に停まります。なおスガシカオ駅では特急電車通過待ちのため、24時間停車いたします。車外に御用のある方がいらっしゃいましたら車掌までお知らせ下さい~。」


大きなことがふたつ終わった。

Hitori Sugar に当たってる

スガシカオ
12 /12 2017

シカオちゃんのギターではありません。ライブで休憩中のギター。

11月下旬に先行予約の抽選があった、スガシカオのHitori Sugar Tour2018、

当たった!と言う前にかみしめていて、作品2も書いていたらブログに書くのがこんなに遅れてしまいました。今、当たっている状態。

このヒトリシュガーツアーというのは、シカオさん一人でアコースティックギターを抱えて全国津々浦々回るっていうものです。

やや小さい町にも行きます。例えば米子、周南、松阪など。

シカオさんの情報ページを見ていたら、福岡は厳しそうだから長崎のほうに申し込んだ、とか書いてある人がいて、当たるかどうかドキドキしてたのでした。

しっとり系からファンクナンバーまでほんとに楽しいから、ライブで聴いたことがない人で行ってみよっかなーという人はぜひとも行ってみてください。

ツアーは来年から。一般発売はもうちょっとしたらあります。


ということで、寒いながらもあったかい日々。

(普段はシカオちゃんと呼んでいるのでシカオさんというと変な感じ。不慣れ)

「サヨナラホームラン」

スガシカオ
10 /04 2017

言葉と曲と日々格闘してます。シカオです。みなさんよろしく!

昨日のブログに書いた「サヨナラホームラン」の歌詞です。昨日は書かないでもいいかと思いましたが一番と終わりの部分を書いておきます。
覚えやすい曲で、シカオファンというわけじゃない人にも「ジーンとくる」と人気。シカオの曲の中では、がんばりソングに入ります。ユーチューブで聴けます。
スガシカオさんはやっぱり音楽がしたいという思いを捨てきれず、会社員を辞めて音楽にしぼりデビューをしたのが30歳。デビューするまできつい時期があったそうです。そういう時期があっての歌詞かもですね。今年、デビュー20周年の51歳。写真はこの夏のです。若い。



「サヨナラホームラン」   詞、曲/スガシカオ  2010年

何も手につかずに 夜の八時 ぼうっと見てるテレビ
‘おれ、この先、どうしよう・・・‘
誰かが打ったツーランホームラン
みんな笑い抱き合って そのシーンが眩しすぎたんだ
ほんとはぼくだって 誰かを笑顔にしてみたりしたい

ぼくの部屋は今日も カーテンを閉めたまま
このままでいいのか?いいわけないだろう・・・

きみと電話きった後 なんだか涙があふれた
確かな言葉なんて 何一つ君に言えなかった
誰かじゃなくぼくのため 誰かじゃなくて君のため
どこかじゃなくここで いつかじゃなく 今 この時を・・・



ukaji akiko

塔短歌会。ふだんは赤煉瓦歌会に参加しています。スガシカオ好き。気軽に好きなことを書いてゆこうと思います。

プロフィール欄がなぜか二つになっていて直りません。

Happy go Lucky!