「サヨナラホームラン」

スガシカオ
10 /04 2017

言葉と曲と日々格闘してます。シカオです。みなさんよろしく!

昨日のブログに書いた「サヨナラホームラン」の歌詞です。昨日は書かないでもいいかと思いましたが一番と終わりの部分を書いておきます。
覚えやすい曲で、シカオファンというわけじゃない人にも「ジーンとくる」と人気。シカオの曲の中では、がんばりソングに入ります。ユーチューブで聴けます。
スガシカオさんはやっぱり音楽がしたいという思いを捨てきれず、会社員を辞めて音楽にしぼりデビューをしたのが30歳。デビューするまできつい時期があったそうです。そういう時期があっての歌詞かもですね。今年、デビュー20周年の50歳。写真はこの夏のです。若い。



「サヨナラホームラン」   詞、曲/スガシカオ  2010年

何も手につかずに 夜の八時 ぼうっと見てるテレビ
‘おれ、この先、どうしよう・・・‘
誰かが打ったツーランホームラン
みんな笑い抱き合って そのシーンが眩しすぎたんだ
ほんとはぼくだって 誰かを笑顔にしてみたりしたい

ぼくの部屋は今日も カーテンを閉めたまま
このままでいいのか?いいわけないだろう・・・

きみと電話きった後 なんだか涙があふれた
確かな言葉なんて 何一つ君に言えなかった
誰かじゃなくぼくのため 誰かじゃなくて君のため
どこかじゃなくここで いつかじゃなく 今 この時を・・・



June

スガシカオ
07 /01 2017


6月中にスガシカオのこと一回は書こうと思っていたのに、ああ、零時を回ってしまった。

6月は湿気もあって髪の毛ももやもやするけどがこの曲があるのでいいか、と思う。とても好きな曲のひとつ。

雨がやんだ後の むっとした空気の中で
はじめて見る街の 景色にドキドキしてた
高いエントツと 機械油のにおい
生まれた街の 靴じゃ歩きにくいみたい
~~
June 雨上がりの街に 赤い
夕陽が落ちて 工場のサイレンが響く
June 君に書く手紙には つい
‘元気でいます‘と 書きはじめたけど・・・
それでいいと思う
             /June  スガシカオ



7月になりました。

お菓子が好き好きスガシカオ

スガシカオ
06 /07 2017

回文です。
オカシガスキスキスガシカオ。シカオファンなら誰もが知っていると思われるこの回文。シカオファンでなくても知る人が増えているようです。(あくまで想像。そしてそうだとしてなんなのか)

シカオ好きな私にとってこのパッケージはシカオとして目に入ってきました。という経緯で作った一句。
似非ものと知りつつ買いぬ軒の雨

雨の街角の骨董品屋さんなどを想像してもらったりしたらいい感じになるけど、この句。何点くらいだろうか。60点はあってほしいな。ないかなー。

スガフェス、はとバス!

スガシカオ
05 /13 2017
                   
5月6日にさいたまスーパーアリーナで開催されたスガフェスに行った。ゲストは、水樹奈々さん、ポルノグラフィティー、ミスチル、高橋優、SKY-HI、などなど。着ているシャツで誰のファンなのか分かる。
会場から200キロ以上離れた場所から自転車で
来た人は観覧無料、という企画があって22人の自転車組がいた。元気。
塔誌上では二首、スガシカオの名前を入れてある歌を見たことがある。私はギターを弾いているところを歌にしたことがあったけど、それは採られなかった。
 
7日は、はとバス半日コースに参加。はとバスの名前の由来は何かなと、はとバス会社のホームページを見てみると、平和を願う意味の他に、伝書バトになぞらえて無事に元の場所に戻ってくるように、と書いてあった。朝の新宿から出発。大型バスなので窓からの景色が良く見える。祝日の朝だったので、丸の内のオフィス街もひっそり。ビルの直線が美しかった。平日の丸の内オフィス街の就業人数は30万人ということに驚いた(ガイドさんによる)。30万・・・。ほんとだろうか・・・。
皇居ランナーが朝の中をたったったっ、と走っていた。緑の樹々がきれい。堀にはアンデルセン童話に出てくるような白鳥が二羽。
そのあとはスカイツリー。エレベーターの速さにまたほんとだろうかと思った。
おのぼりさんの旅はおしまい。

ukaji akiko

塔短歌会。ふだんは赤煉瓦歌会に参加しています。スガシカオ好き。気軽に好きなことを書いてゆこうと思います。

プロフィール欄がなぜか二つになっていて直りません。

Happy go Lucky!