『カミーユ』 大森静佳

歌集
06 /03 2018


著者の第二歌集。2013年から2017年の歌、240首ほどが収まっています。


狂うのはいつも水際 蜻蛉来てオフィーリア来て秋ははなやぐ


『カミーユ』の冒頭の一首。歌集の最初の歌にしてはインパクトが強い歌だと思う。そして、歌集全体にこの歌にあるような、明暗、狂気、儚さ、などが流れているように感じた。死や性愛も多く詠われていて原始的という言葉もあう。

歌集にはオフィーリアのほかに、歌集名の由来となっているカミーユ・クローデル、宦官、『曾根崎心中』、旅客機を故意に墜落させたとされているパイロット、チンギス・ハンの夭折した妹など、暗い影を持つもの達がいくつも登場する。

作者はそういった対象を、こちら側から見ていたり、自身と重ねたりして詠っている。そのものになっているかのような歌や、乖離しているような歌もあり、読むのに時間がかかる。けっこう重さも来る。その重さはテーマ自体の重さや作者がそれに入り込む力の重さ、単純に作者と対象のものとの二人分の重さというものもあるのかもしれないと思う。


暮れ残る浴室に来て膝つけばわが裡の宦官も昏くしゃがみぬ
汗を噴くのみの彼らの性愛は果てることなく夜を濡らす笛
虚ろって気持ちがいいね 貝殻のように皺寄せながら太って
(「異形の秋」)

目の前にないものを詠うことはむつかしいだろうか。目の前にある、ない、は詠むことの難しさとは関係が無いのかもしれないと、そんなことは今まで思ったことがなかったけれどこの歌集を読んで初めて思った。対象とするものをどこまで見つめて愛せるか、がとても大きいと思う。



ロダンからいくつもの<手>を任されてそこここを夢の淵としたひと
ひとがひとに溺れることの、息継ぎのたびに海星(ひとで)を握り潰してしまう
ダナイード、とわたしは世界に呼びかけて八月きみの汗に触れたり
(「ダナイード」)

作者は能面を彫る方でもあるので、ロダンやカミーユが登場する「ダナイード」の章は作者の姿が特に重なり浮かんでくるようだった。過去のこととそれを詠む今の作者との境界線の不確かさがいいと思った。



『カミーユ』は過去の出来事を作者の目を通して作者の世界で表現した歌がとても多く、すんなりと読める歌ばかりではなかったので、現在を詠んだ歌の章が現れると、気持ちにほっとするものがあった。自転車運転のギアがふっと軽くなるという感じというか。と言っても、詩の美しさというものは伴われたまま。

背後より見ればつばさのような耳きみにもきみの父にもあった
冬の虹途切れたままにきらめいて、きみの家族がわたしだけになる
かわるがわる松ぼっくりを蹴りながらきみとこの世を横切ってゆく
(「冬の虹途切れたままに」)


全身できみを抱き寄せ夜だったきみが木ならばわたしだって木だ(「わたしだって木だ」)

歌いたいものへと向かう作者の真っすぐさ。相聞歌では少し不器用さも見える気がして、歌集に登場する人物たちと惹きあうものがあるのは自然なことのように思えた。


『カミーユ』/大森静佳/2018年/書肆侃侃房

『夜のボート』 鶴田伊津

歌集
12 /18 2017

夜空がきれいな表紙。短歌をしていない人にもプレゼントとして喜ばれそうです。


ブログに歌集のことを書くのはひさしぶり。

緊張!

今日紹介する歌集は『夜のボート』です。作者は鶴田伊津さん。鶴田さんの『百年の眠り』という第一歌集は私が短歌に出会った頃に初めて買った歌集。塔に入る前のことなので10年くらい前のことで懐かしい。新聞歌壇を読んでいたら抜群に素敵な歌が時どき載ってその作者が鶴田さんでした。『百年の眠り』は初めて買った歌集ということでブログにはいつか書くつもりでいたので、『夜のボート』のまえに『百年の眠り』をまず少し紹介します。結婚、出産、母親の自分が詠われている。第二歌集が出版されてとても嬉しい。



『百年の眠り』

会わぬ日の続いて我はユリノキのようにまっすぐ背中を伸ばす /鶴田伊津

もたれれば障子のように頼りなきものかもしれず父という人

せいよくはふいにきざしぬさくさくとハクサイの浅漬け食みおれば

スカートの裾いっぱいの歩幅もて勝どき橋の夕暮れをゆく

ゆるゆるの網目のような子と我の時間のはじめ まずは泣かれる

まだ外に世界があると思い出すきみの上着の夜気の匂いに

子の二足歩行とともに春は来るうさぎの靴を履かせてやらな

ああそうかわたしは泣きたかったのだ 布団ふわりと子にかけやりつ


歌集前半には、自分や相手を樹や水など自然界のものになぞらえている相聞歌も多く瑞々しい。すこし照れるような歌もあります。あとは故郷の歌、結婚や出産というものへの思いなど。

らしさ、と言っていいのか、四首目の勝どき橋の歌のような積極性や自分が在るという感じ、七首目の「履かせてやらな」の前を向く感じ、歌集を読んでそんなことを受けとった。特に、「やらな」のようなLet’sや命令形は何首かあり作者の個性だと思う。八首目は母親になった作者の戸惑いや溜めていた思いが溢れている。『百年の眠り』では瑞々しさ、艶、意志、伴侶と子との関わり、そういうものが詠まれてます。


続いて『夜のボート』。
『百年の眠り』の歌で感じたものはそのままに『夜のボート』ではさらに子の育ちの歌と並行して、母親になった自分が以前の自分でなくなっていくような不安、寂しさを詠んだ歌がある。そのような歌を含めて何首か。


『夜のボート』

放埓のこころほのかにきざしたる夕、手離しで自転車に乗る

D51の上から手を振る子にわれも手を振り返す さよならさよなら 

水溜りに踏み込むわたしクスノキに登ったわたし もういないわたし

渡されし安全ピンの安全をはかりつつ子の胸にとめたり

ものの名を教えるたびにでたらめの楽しさを奪うような気がする

がらがらとゴーフルの缶に仕舞いたり都道府県を鷲掴みして

あなたとはやさしい地図だ行先も帰る先もなくただそこにある

一首目、母親、妻である自分からふと自由になりたい。自転車には乗ったまま、手だけ心だけをほんの少しだけ離す。
四首目、安全ピンというけれど、という思い。子につける立場になってあらためて思ったんだと思う。
六首目、ジグソーパズルを仕舞う。都道府県を掴むというのが面白い。
七首目、地図は自分がどこにいるかを確かめるものでもある。信頼する相手をみて自分という存在を確かめているよう。

第一歌集から十年の時が経っています。ぜひ手にとってほしい歌集です。

『夜のボート』 鶴田伊津/2017 
『百年の眠り』2007
ともに六花書林

『日付のある歌』 より

歌集
08 /12 2017
河野裕子さんの第十歌集。

河野さんのことを知らずに塔に入会して、初めて買った河野さんの歌集。
一日一首詠んでいくというスタイルで作られていて日記風ということになるのでしょうが、日記ではなくやはり歌です。

今日読み返してみて九月八日の一連がとてもいいと思った。


九月八日  

眠らざる子を眠らすと出でて来し夜の稲田の昨夜より匂ふ

赤ん坊の眠たきからだとつぷりと稲田の中に沈みて進む

小さな子一歳(ひとつ)のこの子は皆忘れわれらのこゑも忘れて眠る

この世にはあなたとの時間がまだ少し残つてゐてほしい子を押し歩む

倖せな一生なりしとまた思ふあなたと母が心残りの



詞書には、‘雨、夕方やむ。今夜も永田と櫂の夜の散歩‘ とある。


雨がやんで、まだ空気に水が残っているようなみずみずした感触がある。

三首目の初句の、小さな子、という心から自然にあふれたような言葉。

五首目は勘違いしそうにになったが、まだ、乳がんのことは分かっていない時に詠まれている。
母親と永田さんのことにいつも心を寄せている河野さんだったのだろう。


赤煉瓦歌会のメンバーにも河野さんの歌と出会ってからの後の日日がそれ以前とまったく大きく違うのだろう、と思われるかたもいる。

誰かの歌に自分が変わるくらいの強いなにかをうける。
私はそういう経験がないから、すこしうらやましい。

『日付のある歌』 河野裕子/ 二〇〇二年/ 本阿弥書店

どこをひらいてみても歌

歌集
08 /10 2017
早い。はっと気づけば葉月も十日。大晦日もその辺りの角に立ってるんじゃないでしょうか。

今日、人を待っている間に本棚の本をちょちょっと動かして、何とはなしに栗木京子さんの『けむり水晶』を手にとりひらきました。

水色のカバーが涼しい。

ぱっと開いたページが夏の歌だったのでしばし立ち読み。読んでいたのに忘れていた歌もあり、時間もたっているので新しい気持ちで読みました。


独り居の夜の深さよ蝉の真似してから桃を食べはじめたり

夏山より戻りたる子のリュックあり刑期終へ来しごとくしづかに

母ひとり住む実家なりしんしんとどの押し入れも月光詰めて

錯覚の最たるものはなつかしさ 水引草の咲く野をあゆむ

薄切りのれんこんを酢にひたすときわが十枚の爪はなやげり



一首目。独り、夜、蝉、と静けさが広がっている。深い夜の中で作者だけが動き、おどけた後に桃を食べながらさみしい感じがする。

二首目。リュックに詰め込まれているあれこれとリュックそのものが、山での役目は果たしたよ、やるべきことはちゃんとやったよ、と刑期を終えた者のように何も言わず、疲れた感じで寡黙にいる。

三首目。一人で住む母親。一人だから布団の数も多くなく押し入れに空間がある。押し入れを開いた時、その空間には月光が差し白さが浮かびあがる。

四首目。なつかしさを錯覚といっているのでしょうか。なつかしさというような形としては見えにくい事柄について言い切っているような歌い方に理知的というかそういうものを感じます。そして作者は、錯覚と言いながらそこに身を置いている。そよぐ水引草がやさしい錯覚をうまく表現していると思う。

五首目。薄切りのれんこんと爪。両手をふわーっとひらいている様子。白い色彩のなかのはなやげりがきれい。

以上、どこをひらいてみても歌、でした☆彡


『けむり水晶』  栗木京子 /2006年/角川短歌叢書/角川書店


『人魚』染野太朗 続き 好きな歌

歌集
06 /10 2017
胸倉を掴んでまでもこいつらに伝えんことのなきまま掴む

しがみつくあれはぼくだな新宿の高層ビルの窓のひとつの

引っ越してベランダの幅に足らざれば捨てたり春の物干し竿を

海を見に行きたかったなよろこびも怒りも捨てて君だけ連れて

水差しに水がそそがれ水差しの水がそそがる 旧いかなしみ

涙つたう頬もあわてて拭う手も十六歳は日焼けしており

ナポリタンふいに食いたし口拭いて紙ナプキンをあかく染めたし

生徒ひとりレシート整理を始めたり風つよき日の春の窓辺に

唇のうすき男に割り込まれ吊革さえもとおい春なり

でもそれを拭わなかったそのほうが夏を凌げるような気がして

目が覚めてメガネを探すまるで愛を知っているかのように手を伸ばし

つけ麺を君と食いたし君よりもちょっとだけ早く食い終わりたし

ukaji akiko

塔短歌会。ふだんは赤煉瓦歌会に参加しています。スガシカオ好き。気軽に好きなことを書いてゆこうと思います。

プロフィール欄がなぜか二つになっていて直りません。

Happy go Lucky!