銀行の本棚の本

ブログ
05 /11 2018


今日、銀行の本棚から借りてきた本。写真では分かりにくいけど小さく可愛らしいサイズをしてます。

なんか面白そうな本ないかなーと本棚の前に立ったところ、

あれ?この小さい本は何?そしてこの題名も何だ?三月書房って塔を置いてある京都の?

と、手に取らざるを得ない状況になり手に取った。

後ろのほうのページを開いてみると、三月書房は京都のではなくて東京の。東京にもあるのねーと思って発行年月日を見ると昭和46年。おー。私が生まれた年。ちょっとこれは親近感。

著者「池島信平」・・・。見たことも聞いたこともないな…と思いつつその場でぱらぱらーと少し読みました。

文芸春秋社で記者をしたり文を書いたり編集をしたり、のお仕事をされていた方らしい。菊池寛が大好きで菊池寛が社長をしていた文芸春秋に入社した、と書いてある。

エッセイのようなもの。友達のことや仕事のこと戦争のこと。21世紀はどんな時代になるんだろうなあ、自分はいないけど、なども書いてある。その場でちょっと立ち読みしていたけど、本棚の横に<貸しだします>、と書いてあったので借りてきました。

なんだか地味にしあわせだ

ブログ
05 /04 2018
木曜日、髪を短く切り、その勢いで家の片づけをがんばった。みんな出払っていて一人だけの黙々作業が進む進む。すっきりした気持ちになって、今日も小さな場所を片付けたし、明日も明後日もどこかしらを片付け続ける予定。なぜか、いつもの片づけの気持ちと違う。いつもは多少なりともめんどうだなあとか、疲れるなあとか思っていたんだけど、今回全くそれを思わない。なぜだろーか。とても穏やかでしあわせな気持ち。まだまだいけそうだ。がんばろうー。

まじまじと見てしまいたり

ブログ
04 /24 2018
マンション入口に貼られている民泊禁止の掲示物。



福岡市はホテル不足で民泊が問題になっています。

それはさておき・・・。

ここには4つの言語が書かれています。日本語、英語、中国語、韓国語。
・・・日本語だけ、表記が3つもある。

知ってるよ!と思うでしょうけど、こうして他の国の一つの表記しかない言語と並べて眺めるとつくづく不思議。日本人のほとんどの人が使い分けているんだと思うけどそれもすごいんじゃないか・・・。

そしてさらに。

使い分けを知ったうえで(漢字、カタカナを覚えたうえで)、あえて漢字をひらがなにしたりカタカナにしたりしているんでしょう。歌、商品名、人名などなど。

何かのカンジをだすために。

日本語は頭だけでなくて心の部分も使って表記する、表記することが出来る言語なんだとつくづく思った。

昨日の続きAとB

ブログ
04 /03 2018
昨日の続きA 祖原公園のこと

昨日撮っていたけど載せてなかった写真。公園が整備されて木が少なくなったあと、苗木が植えられてます。
 

木が少なくなって残念だけど整備されて車椅子がのぼれるスロープが出来たのは良かった。見通しが良くなりスロープが出来たおかげで小さい子を連れた親子が上の広場にも行きやすくなっている。

整備された後、子どもたちからは「前のほうがいい」「あれは祖原公園じゃないっ」と言われてたけど、半分くらいは手は付けられずそのまま残っているふうに思う。小さい公園だけど起伏があっていいです。



昨日の続きB 元寇跡のこと

写真でぱぱっと。



祖原公園から海の方向へ自転車で3分くらいリンリンくると「防塁」という四つ角に出る。角に「史跡元寇防塁入口」とある。進みます!



最初の四つ角。この緑の草のところがもう敷地。子供たちが松ぼっくりを投げ合う場所。



そしてこれが「元寇防塁跡」。短く残ってる。1274年に元に上陸されてしまったけど、1281年再び元がやってきた時(弘安の役)は防塁を作っていたので上陸を阻止できた、というものです。

歴史あるものだけど、ここも子ども達の松ぼっくり投げ、鬼ごっこに使われてます。

ukaji akiko

塔短歌会。ふだんは赤煉瓦歌会に参加しています。スガシカオ好き。気軽に好きなことを書いてゆこうと思います。

プロフィール欄がなぜか二つになっていて直りません。

Happy go Lucky!