塔1月号 作品2(池本一郎選)☆彡

02 /19 2018
遅れて読んでます。まだ1月号。

たまに、あっちの道へ行っていたらここにいる自分とは違う自分がいて違う人生を歩いてて‥というようなことを聞くことがあるけど、それとはちょっと違って、本当にどこかにもう一人自分がいて何か違うことしたりしているような気になることないですか。なんかどこかにもう一人か二人くらい私がいるような気がたまにする。


作品2

「夕焼小焼」午後五時に鳴る向かう岸五時半に鳴るわれの住むまち /川田果弧
歌が鳴る三十分のずれ。それだけなのにくっきりと違う町の息吹が感じられる。われの住むまち、と丁寧に言ったところがいいと思う。

ぜんまいが解けたように蝉が鳴く隣の津田さん引っ越ししあと /冨田織江
弾けたように鳴きはじめる蝉。津田さんの不在の空間を埋め尽くしているようです。

旧仮名で電話のメモを取っている平成末期のヒラ社員われ /大橋春人
わざわざ旧かなでメモを取る。ヒラ社員とはいえ旧かなでメモすることだって出来るという思い。ヒラ社員と自嘲気味に言うけど平成末期の、と年号を言っていてしっかりとした自分像を留めておきたいのだと思う。

先輩の嘘を褒めおりもう誰の缶かわからないけどビール/北虎叡人
こういう状況では皆そうさ、みたいに嘘を褒めている自分を否定し難くもあると思う。下句に投げやりな雰囲気とその過ごしている時間がよく表れてます。

蟷螂の鎌あげたままひと通る蟻も這い来る死んでゐるらし /古閑すま子
動かないなと思っていたら死んでいた蟷螂。威嚇したままの形がかえって悲しい。

遠目にも見頃をすぎし曼殊沙華スピードあげて土手の道過ぐ /佐光春信
咲いていた時はさぞかし真っ赤な帯を見ながら土手を過ぎて行っていたのでしょう。色彩の抜けゆくものと車のスピードとが上手く呼応していると思います。

十月の遠花火はぜぬばたまの闇と闇とをつなぐ虫の音 /田巻幸生
「闇と闇とをつなぐ」がとてもいいと思う。静かなしんみりとした秋の夜、虫が鳴くことでいっそう静けさに包まれる。

母の中に沈みし母よ浮上せよ 唱歌のメドレー耳元で歌う /中村英俊
上句の表現に驚いた。奥に沈んでしまった母へと歌う唱歌。母が好きな歌だろう。「耳元」、その穴から奥へ奥へ、いるはずの母へと落ちてゆく唱歌。

月の面のような夜なりまっしろな梨をわが剥きあなたが食みて/中田明子
静かな夜。そしてまっ白な梨は月に似る。夜の暗さと梨の白さ。作者とあなただけが宇宙にここに存在しているみたいです。

経験はいつか役に立つという 福祉の仕事を中断したり /奥山ひろ美
経験はいつか役立つ。その言葉になんとか納得して仕事を辞める。福祉の仕事が好きなのだろう。「中断」という言葉に続けれるならという気持ちが表れている。

ヒトリシュガーにいってきた(続き)

スガシカオ
02 /17 2018
昨日のブログ、本当はヒトリシュガーの中身についても書きたかったけど書こうとすると胸がいっぱいで上手く書けず、電車のアナウンスのみになりました。

思うのは、人それぞれに好きなものあって、そのことについて考えたり出来るということはほんとに幸せなことだ、ということ。

スガシカオさんの歌があってわたしはしあわせだけど、人それぞれ、なにが好きで何を嬉しく思うかは違う。だからいいんでしょうね。

ライブでシカオさんが歌うのを聴きながら、しあわせというのはほんとに個人的なものだと思った。いい意味で。



昨日は家の用事で山口へ行きました。一人だったので、まだ読み終わっていない塔1月号を持参。近くに佐波川という川があり、そこを渡る前に、丁度佐波川を詠った歌を目にしました。

もうひとつ、スガシカオさんの「黄金の月」、これを聴くと夏目漱石の「門」がわたしは浮かんでくるのですが、そんなこと新幹線で思っていたら漱石を歌に詠んでいるものがページに現れました。こういうこともちいさな偶然でうれしい。

塔の歌を読んでいると、いい歌とか好きな歌とかを選ぶ以外に個人的に楽しんだりすることも多いので詠草のみなさん、ありがとう。

今月号がもう届く頃。1月号の歌、大幅遅れですけど読んでいきます☆彡


(黄金の月、アコギバージョンはややスローテンポに弾かれることが多い。今回はアルバムに入ってるオリジナルとほとんど同じテンポでした。オリジナルのテンポほうが好きなので、より嬉しかった。)


(フィギュアスケート、羽生君、宇野昌磨君、フェルナンデス、おめでとう!)

ヒトリシュガーにいってきた

スガシカオ
02 /16 2018


ヒトリシュガーに行ってきた。もう、一昨日のことになる。友人と次男の3人で行きました。

今回はヒトリシュガーが14日、塔短歌会賞の締め切りが15日ということで、自分のなかでは年末あたりから線路の二本のレールがずーーと見えている感じだった。

或いはこんなふう。

「本日はご乗車まことにありがとうございます。次の停車駅はスガシカオ、ヒトリシュガー駅です~。降り口は右側です~。スガシカオ駅を出ますと次は塔短歌会賞駅に停まります。なおスガシカオ駅では特急電車通過待ちのため、24時間停車いたします。車外に御用のある方がいらっしゃいましたら車掌までお知らせ下さい~。」


大きなことがふたつ終わった。

日の入り、雪の日、スガシカオ

ブログ
02 /13 2018
13日17時59分。

日が落ちてすこしたった頃。日が長くなってることを実感。九州はこの時間も明るいけどかわりに夜明けが遅い。夜明けが早いと夜の始まりも早い、夜明けが遅いと夜の始まりも遅い。どっちが人気なんだろう。

一昨日。11日23時24分。

カーテンを開けるまでたくさん降っていることも積もっていることも知らずにびっくり。うわ~と景色を見ている途中に「は!」とあることを思い出して薬缶と鍋に水を溜めました。

「おい、トムー。一体何やってんだー?いきなり薬缶と鍋に水を溜めたりなんかしてさあ。」
「ハック、おまえもう忘れたのか?10日まえのこと思い出してみろよ。寒さが原因だったか分かんないけどいきなり水が止まっちまっただろ。あれ、参ったなー。歯磨きの水が薬缶に残ってて助かったよ。おまけに深夜でお隣さんも水が止まってっか確かめようがなかったもんな。」

というわけです。その夜は24時間対応の水道局サービスセンターに電話したりしました。ちょっと水が出ないというだけでこうも困るしやはり不安になる。今回は断水にはなりませんでした。前回の断水は「水道管の抜管が原因でした」とエレベーターに翌日貼ってありました。

手書き右上がりの字with太マジック。

たぶん、対応など忙しかったんだろうと思う。


明日はスガシカオさんのヒトリシュガーです。
そして明後日は当日消印有効の塔の締め切りのものもありますね☆


続き③

ブログ
02 /09 2018
続き③4日朝~昼

4日の朝は、中華街に宿泊されていた塔のお二人の方からお誘いただき「朝粥」を食するため中華街へ。早起きしました。お粥は体がぽかぽかしてとても美味しかったです。お粥イベントに誘っていただきありがとうございました。

朝は人影がなくてがら~ん。昼に戻ってきたときは人がいっぱい。


その後、山下公園へ行き氷川丸のなかを見学しました。1930年竣工。当時の最新鋭のエンジンを使用したシアトル航路用の船で、その後戦争中は病院船として白く塗り替えられて活躍していたということです。時代時代で役割が変わっていってます。船のなかに詳しいパネルがあるのでぜひどうぞ。船底の機械室は迫力あります!



(今だ!氷川丸のなかに潜り込め~~!)



(よし!航路は順調らしい)



(見張りがこっちに来る!この部屋に隠れろ!)



(おーい!ハックー!無事かー!)
(トムー!つかまっちまったよー!)
(助けに行くぞー!待ってろー!)


おしまい。
(※注 トム・ソーヤー達が乗ったのは蒸気船です。)

ukaji akiko

塔短歌会。ふだんは赤煉瓦歌会に参加しています。スガシカオ好き。気軽に好きなことを書いてゆこうと思います。

プロフィール欄がなぜか二つになっていて直りません。

Happy go Lucky!