まじまじと見てしまいたり

ブログ
04 /24 2018
マンション入口に貼られている民泊禁止の掲示物。



福岡市はホテル不足で民泊が問題になっています。

それはさておき・・・。

ここには4つの言語が書かれています。日本語、英語、中国語、韓国語。
・・・日本語だけ、表記が3つもある。

知ってるよ!と思うでしょうけど、こうして他の国の一つの表記しかない言語と並べて眺めるとつくづく不思議。日本人のほとんどの人が使い分けているんだと思うけどそれもすごいんじゃないか・・・。

そしてさらに。

使い分けを知ったうえで(漢字、カタカナを覚えたうえで)、あえて漢字をひらがなにしたりカタカナにしたりしているんでしょう。歌、商品名、人名などなど。

何かのカンジをだすために。

日本語は頭だけでなくて心の部分も使って表記する、表記することが出来る言語なんだとつくづく思った。

塔3月号 若葉集☆彡

04 /22 2018
苺の季節ももうすぐ終わり。「とよのか」が優しい甘さで好きだけどいつものスーパーで見かけなくなった。かわりに「あまおう」が並んでいる。「あまおう」「ほのか」「さちのか」はあるのに「とよのか」がない。「とよのか」が何で置かれないのかなあ。美味しいと思うけど・・。


蝋燭はぬるりぬらりと火を伸ばすなにも映らぬ池をこしらえ /椛沢知世
池、黒く動かない池を思い浮かべた。なにかを思案している作者の心かと思う。蝋燭の「ぬるりぬらり」の炎の揺らぎが思いを巡らしているようです。

あしのうらぶっだとおなじへんぺいそくぬいだくつしたまだぬれている /伊藤未来
ひらがなばかりで「へんぺいそく」のぺたっとした感じ。偏平足は特にいいことではないけどブッダと同じなんだ。そう思うと嬉しくもなる作者だろう。まだ濡れている靴下はあるけれど、元気へと向かっていくような明るさがある。

値引きされさらにそこから値引きされまっくろな外を窓越しに見る /中西寒天
まっくろな外。自分ではよく分からない、はっきりしないものの怖さを感じているような。そういうものが伝わってくる。

桃ガムを探す目線と首筋を思い出せない冬空の下 /平野杏
桃ガム。相手が好んでよく買っていたガムだろう。桃ガムは珍しいように思う。探す相手の姿が想い出としてあったのに、それが薄らいでいく寂しさ。

立つ度によいしよと言ひし父逝きぬ形見の椅子によいしよと座る /三木紀幸
父の遺品の椅子に今度は自分が座る。「よいしよ」という言葉は同じで動作が違う。親と子の違いが温かく流れていると思う。

塔3月号 作品2 その3☆彡

04 /20 2018
昨日も今日も明日も筍。今日は鶏団子とあわせて煮ました。明日は人から教えてもらったレシピ(クックパッド経由)を参考に、筍、スナップエンドウ、ベーコンをバターと醤油で炒めるというのをしようと思います。にんにくも入れる。ウスターソースも少し入れると言っていたかな。あとは適当にちょちょいと足す・・。



思いきり美化してしまえかの日々は どうせ帰れぬ故郷なのだ /姉崎雅子
勢いがある歌。美化するまえの故郷は作者にとっては明るいばかりの場所ではないのだろう。

片時も離さずかけてた父の眼鏡厚きレンズを初めて拭けり /井木範子
どうして眼鏡を外しているのかいろいろと想像出来る。触れてから初めて分かったレンズの厚み。

送られし箱を開くれば柿の実とそれより朱き柿の葉一枚 /江原幹子
柿よりも朱い柿の葉。目に鮮やかに映りこむ。

このサウナに入りて瞬時に顕れる子の元カノと坐りし椅子よ /鈴木美代子
一緒にサウナに入るくらいに気安くなりつつあった関係。並び坐りいろいろと話した椅子が目に入る。寂しい感じがする。

マネキンに帯結ぶとき抱きたり姉とはかういふ感触なるか /逢坂みずき
マネキンに年齢はないけど、この歌では「姉」とある。そして確かに「姉」だろうと歌から伝わる。指さきまでほっそりとして、静か。

エスカレーター上りしかない故郷の上りをあがり海を眺める /越智ひとみ
故郷のデパートのような建物か?ひろがる海を前に、ぽつんと故郷がとり残されているような感じもする。「上がり」「あがり」が面白い。

毎朝の夫の気分を推し量りネクタイ二本衣文に掛けおく /川島千枝子
朝の気分は分かりづらい。違うタイプの二本のネクタイをかけておく。毎朝二本選ぶ作者はすごい。

「ユダヤ人を救った動物園」を観た救われなかった子が孫に似ていた /松島淨
孫に似ていたという思いがこの映画を忘れがたくしてしまう。

ずるをして観たサーカスのテントにはピエロが居たるその怖ろしき /八鍬友広
ずるをしたという罪悪感もあって一層ピエロが怖く見えたのではないかな。

目覚めれば本を開いているままの片手のゆびにふるあられゆき /横田竜巳
開いたページにおいてあるゆび。そこには雪が降っている描写があったのだろう。写真かもしれない。「あられゆき」のひらがなが優しい雰囲気。

塔3月号 作品2その2☆彡

04 /16 2018
若葉が日に日に眩しい。今日は風も爽やかだった。350日くらいがこんな気候だったらと思うけど実際そうなったら飽きるかな。みどりパワーを身体に心にとり込もう。


壁に掛かるどのカーテンも丈足りてない部屋 怒鳴る女の声す /石橋泰奈
足りてないものと過剰なものとに囲まれている、という感じ。カーテンや声の揺らぐことからくる不安定さ。作者自身は落ち着いているように感じる。

物置の父の遺品を見てゆけり二メートルを超ゆる工務日誌も /長野晃
工務日誌というものがいい。今はパソコンに入ってしまうので筆跡はわからない。二メートル超えという目に見える積み重ねに作者も思うことがあったろう。

珈琲の売り子は我の思うより低き声にて注文を取る /深井克彦
「珈琲の売り子」なんて、かわいく言えるものなんだなあと思った。声の高さが予想と違ったことがよっぽど印象に残ったのだろう。おもしろい歌だ。

夕暮は一瞬のちに夕闇に変わってしまうバスが来なくて /みちくさ
バスが来ない、という心理が「夕暮れ」を「夕闇」に変えてしまう。寂しい時間になってしまった。

蒲の穂にたどり着いたら行き止まり行き止まりを確かめただけ /穂積みづほ
行き止まりだとは薄々感じていたのだろう。「確かめただけ」は諦めのようでもあるけど、きっぱりとした前向きさがあるように思う。

他の館の映画のことを話しをりもぎりの二人は人待つあひだ /浅野美紗子
雰囲気が良いなと思う。ぽつぽつとお客が来る映画館。

うすくふくらんだ手編みのセーターにアネモネは咲き ひと挿しもらう /北虎叡人
アネモネが編み込まれてるセーターかと思ったけど「ひと挿しもらう」とあるから、セーターを着た人が花束などを抱えているのかもしれないな・・。その人の持っているアネモネ、つまりその人が心に入り込んだ、ということだろう。

サランラップ切る一瞬のすぎぬれば平凡にしてけふのくれがた /千村久仁子
サランラップを切る一瞬がここまでぎゅっとコアになるのかとびっくりしました。

ゆふ焼けがいちやう並木を染めゆきて片づく部屋に飴を見つける /広瀬桂子
きれいな色が浮かびあがる。夕焼けと飴の色が光る。ひとつ転がる飴、持ち主が食べないけれど捨てるも出来ずにいた飴なんだろう。

だいじょうぶ傾いたまま咲いている君の植えたる皇帝ダリア /藤田幸子
傾いたまま咲いている。真っすぐよりも力強い感じだ。

ukaji akiko

塔短歌会。ふだんは赤煉瓦歌会に参加しています。スガシカオ好き。気軽に好きなことを書いてゆこうと思います。

プロフィール欄がなぜか二つになっていて直りません。

Happy go Lucky!